今年の春は、この商品で攻めるパート2!

こんばんは、岡田です。
 
 
 
暖かくなったり、寒くなったりと気温の変化に
ついていけない今日この頃。
 
 
なんか寒気がします、、、
 
 
ヤバいかな~( ゚Д゚)
 
 
 
 
さて、昨日の続きを書いていきますね。
 
 
昨日の記事で、
 
 
リーバイスのジージャンは、
・1st(ファースト) Lot 506XX
・2nd(セカンド)   Lot 507XX
・3rd(サード)      Lot 557XX
・4th(フォース)   Lot 70505

の4段階を得て今の形になっていて、

 
そのなかの
・1st(ファースト) Lot 506XX
・2nd(セカンド)   Lot 507XX
 
をご紹介いたしましたね。
 
 
 
今回は、
 
・3rd(サード)   Lot 557XX
・4th(フォース)  Lot 70505
 
をご紹介いたします。
 
 
 
1950年代後半から、若者がファッションとしてGジャンを
着るようになりました。
 
 
 
そこで、3rd(サード)へと進化したバージョンになり、
ファッション着へとモデルチェンジをしたわけです。
 
 
そして、557XXが1962年に誕生しました。
 
 
 
大きな違いは、1st(ファースト)と2nd(セカンド)にあった
フロントプリーツがなくなり、V字状の切り替えになり立体感が
出るようになりましたね。
 
 
 
 
 
また、両胸のアウトポケットが内側から縫い付ける仕様に替わっています。
パッチも革から紙に変更されていますよ。
 
 
 
 
 
続いて、4th(フォース)になります。
 
 
557から70505のフォースに進化して、シルエットが大きく替りました。
 
 
ワイドシルエットから細身になり、丈が長くなっています。
 
 
そして、V字状の切り替えの先が広がっている作りになりました。
 
 
また、パッチの大きさが、小さくなりましたし、
サイドアジャスターのタブがやや太くなっていますね。
 
 
 
 
 
そして、細かいところでは、ステッチの色が、イエローとオレンジの
2色だったものが、オレンジだけになりました。
 
 
はい、どうでしたか~
 
 
 
Gジャンの歴史は
 
 
めっちゃ奥が深いのがわかりましたか!
 
 
 
年代によって色んな進化があり、
今の形になってきたのが面白いですね。
 
 
 
 
現在出回っている他のメーカーのGジャンも
4th(フォース)が原型になっていると言われています。
 
 
 
 
ジーンズもですが、出来上がってくるまでの過程を
知っているとアパレルは楽しいですね☆
 
 
 
 
 
では、アパレルせどりで一緒に稼ぎましょう(^^♪
 
 
 
 
今日の記事が少しでも役に立ちましたら
こちらから1クリックお願い致します。

サラリーマン・お小遣い稼ぎランキング
 
 
 
 
【追伸】
巷で話題の、新型コロナウイルスの感染者が増えていますが、
おちおちと仕入れに行けなくなっちゃいますね~( ;∀;)
 
 
人ごみを避けなくてはいけないので、こんな時は電脳仕入れです。
 
 
電脳仕入れは、家から出なくても仕入れができますし、
時間も気にしなくていいのが助かりますね~
 
 
現物が見れないので、状態に不安がありますが、
恐れずに挑戦してみて下さい。
 
 
 
 

「最新情報を見逃したくない方は
こちらからLINE登録をお願いいたします。」

「LINE登録していただいた方に、動画をプレゼントさせて
頂きます。」

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です